本文へ移動

福祉住環境 ~今の現状〜

福祉住環境 ~今の現状~

◎今の現状
2005年に日本の総人口1億2777万人のうち、65歳以上の高齢者の人口が2576万人と初めて高齢化率20%を超え、2017年には団塊の世代が後期高齢者に突入し、後期高齢者が前期高齢者の数を超えるといわれています。
それに伴い、障害を持つ人の増加も。
◎ 対策
地域支援事業による介護予防による予防の強化。
住環境の整備で、高齢者や障害者の住み慣れた地域・環境で自立して生活していくことや、介護しやすい環境作りを目指していく。
これこそが、【健康日本21】にも提唱されているように、一番の対策の一つと言える。
◎ 問題点
・居宅で自立した生活や介助・介護を受けながら生活しようにも,
家に問題がある!まだまだ、不足している住環境整備が不可欠!
① 古い住宅に多く見られる、高さの高低差が大 → 足腰に負担
② 古い住宅に多く見られる、温度の高低差が大 → 心臓に負担
③ 狭い廊下や建具・小さな段差 → 転倒の恐れ
その他、各お宅に潜む不具合は数多くあると思います。
上記による本人のADLに支障、介護者に大きな負担も…
・福祉の現場と建築の現場の連携の取れる環境不足!実際、住環境整備をしようにも、その他の業務が多忙なこともあり、ケアマネージャーをはじめ福祉側の専門員と住環境コーディネーターや建築側の専門家との連携が大変!
・ 本人や家族は整備をしたくても、頼むところが分からない!福祉サービス内に住環境整備思考の浸透化。建築業界への福祉の深刻な問題の状況把握。
・特徴
 
・建築の分野と福祉の分野の架け橋をスムーズにし、最小限の連絡経路で住環境整備を円滑かつ、最善のプラン・施工を実現できる。

施工例

屋外階段手すり
before
屋外階段手すり
after
室内階段手すり
before
室内階段手すり
after
車いす用スロープ
before
車いす用スロープ
after

一級建築士事務所安田建設有限会社
〒233-0004
神奈川県横浜市港南区港南中央通5-1
TEL.045-841-4442
FAX.045-841-4796

────────────────────
新築/リフォーム/耐震工事/太陽光発電/マンションリノベーション/設計・施工/高齢者介護住宅工事/ユニットバス/システムキッチン/白アリ駆除工事/店舗改装
(横浜市リフォーム|横浜市工務店|耐震補強)
────────────────────
[建設業許可]

神奈川県知事許可(般-23)第65602号
[事務所登録]

一級 神奈川県知  事登録 第15518号

Google

WWW を検索
www.yasuda-kensetu.jp サイト内を検索
0
0
6
4
5
5
TOPへ戻る