ZEHへの取組み

ZEHとは
ZEHは『ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス』の略で、『ゼッチ』と読みます。ZEHは「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。
国交省ではこのように説明していますが、少し難しいのでもう少し分かりやすく説明します。
簡単に説明すると、住宅の断熱性・省エネ性を向上させて、さらに太陽光発電などでエネルギーを創る(創エネ)ことによって、年間一次消費エネルギー量(照明・空調・給湯・換気)の収支をプラスマイナスゼロ、または、プラスにする住宅のことです。

ZEHの普及へ

なぜZEHの普及が必要なのか。
我が国は2020年までに新築住宅でのZEHの普及を目指しています。
地球温暖化は、世界全体として取り組まなくてはならない急務の課題である。これは誰もが耳にしていることだと思います。これは20年以上前から叫ばれていることです。
省エネリフォームでも説明したように、我が国の家庭部門から排出されている温室効果ガスは全体の15%以上を占めています。今後世界的に進めていく地球温暖化対策実現のために、住宅そのものの省エネが不可欠になっていきます。そのためには、このZEHの普及が必要になるのです。

ZEHのメリット

環境にやさしいだけじゃない。ZEHのメリット 
 
①断熱性能向上したことで、家の温度差がなくなり健康に暮らせる
②エネルギーを創ることで、日々の光熱費のが安くなる
③温室効果ガス排出を減らして、あなたのお子さんやお孫さんの世代まで地球を守れる

日本の住宅性能は低すぎる!?

日本とドイツの省エネ基準の比較

2020年に義務化になる      日本の改正省エネ基準
      <
※各数値は少ない方が高性能
ドイツのパッシブ住宅の      省エネ基準
断熱性能を表すUA値(Q値)
0.87以下 (約2.7以下相当)
約2.7倍
約0.23以下相当 (1.0以下)
窓の断熱性創を表す Q値
4.65以下
約3.5倍
1.3以下
※出典:YKK AP調べ
欧州だけでなく、アジアの中でも。
 
欧州は基準が厳しいから、劣っていても仕方がない。なんてお思いの方、
お隣の韓国を見てみましょう。
上記で上げた窓の断熱性能Q値最低基準が2.7以上と日本の1.7倍
中国をみても2012年時で最低基準2.5以上と日本の1.8倍となっています。
このことからも、日本の住宅省エネ基準は大きく下回っていることがわかります。

安田建設のZEH普及目標

2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
ZEH受託率目標
5%
10%
20%
30%
50%

補助金制度

補助金制度のご案内。
当然、性能向上には建築費用がかかります。
そこで、国は平成30年度のZEH支援事業は、国土交通省・環境省と経済産業省の3省連携で普及を促しています。
 国土交通省はこちら 
 資料請求・お問い合わせフォームはこちら
TEL. 045-841-4442
お電話でのお問い合わせもお待ちしています