本文へ移動

南区 S様邸 耐震工事/浴室/屋根葺替え

耐力壁工事

内壁から工事

before
after

内壁から工事

before
after

耐力壁工事の流れ

1・筋交いの端部には筋交い金物を取付けます。(地震時に筋交いが外れないように)
2・柱と土台に引き抜きに耐える柱脚金物を取付けます。(地震時に土台と柱が抜けないように)
3・アンカーボルトを設置します。(地震時に土台と基礎がずれないように)
耐震補強の種類には大きく分けて  
1屋根工事 2耐力壁工事 3基礎工事の3つがあります。
主に耐震補強工事で多い工事が2の耐力壁工事です。しかし、耐力壁工事と言ってもどのように補強していくのか分からないと思います。ここでは、実際の補強の流れを写真を用いながらご説明していきます。
右写真は金物施工の一例です。それぞれに意味があり、一つとして欠けてはなりません。
筋交いの端部には筋交い金物を取付けます。(地震時に筋交いが外れないように)
柱と土台に引き抜きに耐える柱脚金物を取付けます。(地震時に土台と柱が抜けないように)
アンカーボルトを設置します。(地震時に土台と基礎がずれないように)
【※下の各小写真の上にカーソルを合わせクリックしてください。】
 
施工前
解体
軸組み+金物補強
面材補強
復旧完成

耐震補強金物

・耐震補強金物の施工例です。
・耐震補強金物の施工例です。
・耐震補強金物の施工例です。

その他のリフォーム

耐震工事のもう一つのメリットとすると、ついでにリフォームも出来ちゃうところです!
耐震工事は基本的に壁内部の構造部に対しての工事になります。
しかし、補強するには一度壊さなくてはなりません。・・・では、逆に復旧する際にちょっと仕上げ変えましょうか。とか、ついでにプラスαリフォームも可能なのです。
そんな、プラスαリフォームです。一石二鳥リフォームです。

洋間リフォーム

施工前は畳の和室2間でした。
耐震補強の際に床・壁・天井と壊します。
仕上げの際に、洋間にリフォーム!!ついでに一部屋に!

浴室リフォーム

浴室リフォーム
浴室側面の耐震補強
設備工事+土間コン
UB組立て
完成♪

屋根リフォーム

施工前
下地コンパネ張り
ルーフィング葺き
コロニアル葺き
完成♪

S様邸 耐震工事のポイント

S様邸 耐震工事のポイント

S様は耐震補強とリフォームをうまく組み合わせ、効率の良いプランニングができました。
メインは耐震補強ですが、リフォームしたかった場所と組み合わせることで、コストも工期も抑えられて、無駄のない工事が可能なのです。
また、お子さんも大きくなり、将来夫婦2人の生活を見据え、耐震補強も必要最小限の1F重視で計画しました。
家が寿部になっただけでなく、見た目も使い勝手も一新され、S様にも大変喜んでいただけました。

S様邸 耐震工事の詳細

築年数,規模建築物概要構造評点補強数量金額工期
昭和52年築
木造2階建
1F床面積:37.81平米
2F床面積:37.05平米
延床面積:74.86平米
0.18 → 1.00
※1F部分
屋根  葺替
2F壁 0箇所
1F壁 11箇所
基礎  6m
設計費 15万
工事費 190万+リフォーム350万
補助金 なし
H26年施工
約3ヶ月間

一級建築士事務所安田建設有限会社
〒233-0004
神奈川県横浜市港南区港南中央通5-1
TEL.045-841-4442
FAX.045-841-4796

────────────────────
新築/リフォーム/耐震工事/太陽光発電/マンションリノベーション/設計・施工/高齢者介護住宅工事/ユニットバス/システムキッチン/白アリ駆除工事/店舗改装
(横浜市リフォーム|横浜市工務店|耐震補強)
────────────────────
[建設業許可]

神奈川県知事許可(般-23)第65602号
[事務所登録]

一級 神奈川県知  事登録 第15518号

Google

WWW を検索
www.yasuda-kensetu.jp サイト内を検索
0
0
7
0
5
8
TOPへ戻る