本文へ移動

栄区 S様邸 浴室/洗面所リフォーム

浴室&洗面所リフォーム

浴室リフォーム

before
after

洗面所リフォーム

before
after

ポイント

左写真は既存タイル張りお風呂の壁部分のタイルです。ご覧のとおり、目地のところで膨らんでいます。この原因として考えられることは、目地部分から水が浸入し、下地のモルタルもしくは、木部に浸透しタイルが剥離し膨らんだと、推測されます。このように、古い木造のタイル張りのお風呂は、目地などから水が浸入することが多いのです。
また、右写真のように入り口の敷居の部分に水が漏れて、腐食することもあります。
目で見える劣化が確認された時点では、内部は大きく損傷していることも少なくありません。

施工の流れ〜お風呂

施工前
施工前
既存風呂解体
既存風呂解体
砕石地業
砕石地業
コンクリート打ち
コンクリート打ち
完成!!
完成!!

施工の流れ〜洗面所

施工前
施工前
施工中
施工中
施工後
施工後

被害箇所修繕

土台腐れ
入り口下の土台の不腐食状況です。
土台入替え
腐った土台を撤去し、新しい土台に入れ替えました。金物補強も一緒に施しました。
工事費 工期 内容
約200万 約10日間 S様は以前よりお付き合いさせていただいているお客様で、今回はお風呂の異常のご相談でした。
上記写真にもあるように、『入り口部分の腐食・タイルの浮き』 が異常内容でした。
古い木造のタイル張りのお風呂では、目地や入り口戸などから水が浸入し内部の木を腐食させてしまうことが多くあります。
また、さらにひどいと、その水漏れ部に白蟻が住み着き、土台・柱などが食べられてしまうこともあります。
しかし、全てにおいてお風呂の床のタイルの下での出来事なので、目視確認が不可能なのです。
今回も、色々試行錯誤した結果、不安材料が残るのであれば、ユニットバスにリフォームしようと、ということになりました。結果は、被害は最小限で済んだものの、入り口下土台は完全に水腐れしていました。
今回のリフォームで、新しいお風呂・洗面所で毎日快適だけでなく、安心して生活できると、S様にも再編満足・喜んでいただけました。
ありがとうございました。

※ユニットバス ・・・ TOTO サザナHD Sタイプ 1317サイズ 

一級建築士事務所安田建設有限会社
〒233-0004
神奈川県横浜市港南区港南中央通5-1
TEL.045-841-4442
FAX.045-841-4796

────────────────────
新築/リフォーム/耐震工事/太陽光発電/マンションリノベーション/設計・施工/高齢者介護住宅工事/ユニットバス/システムキッチン/白アリ駆除工事/店舗改装
(横浜市リフォーム|横浜市工務店|耐震補強)
────────────────────
[建設業許可]

神奈川県知事許可(般-23)第65602号
[事務所登録]

一級 神奈川県知  事登録 第15518号

Google

WWW を検索
www.yasuda-kensetu.jp サイト内を検索
0
1
2
4
6
7
TOPへ戻る